読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2子かと思ったら、第3子もいました。

2014年生まれの長男、2016年生まれの双子次男&三男、男3兄弟をもつアラサー兼業主婦です。育児、仕事、シンプルライフなどなど、日々のことを思うままに書いていきます。

シンプルライフと骨格診断

先の「シンプルライフとパーソナルカラー診断」記事で書いた、パーソナルカラー診断時に、一緒に骨格診断も受けてきました。

パーソナルカラー診断の記事はこちら。 

shimako.hatenablog.jp

 

骨格診断とは?

骨格診断とは、骨格や筋肉の付き方やシルエットなどを、見たり実際に触ったりすることで、骨格タイプを診断するもの。
骨格タイプによって、似合う形や素材、着こなし方が異なります。
大きく分けて、骨格タイプは、「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」に分けられます。
 
太っている、痩せている、背が低い高いに関係ないものだそうです。
「なんか着膨れする」
「なんか貧相に見える」
「なんか安っぽく見える」
等は、骨格タイプに合わない服を選んでしまっている場合があるのだとか。
 
先の記事にも記載した通り、今の私は
必要なものを、さっさと買いたい!
なので、この骨格タイプがわかることで、服が選びやすくなるかな?と思い、診断を決めました。
 
先に結果を言うと、これが大正解!
パーソナルカラー診断と同等かそれ以上と言っても過言ではないくらい役に立ちました。
 

いざ、サロンで診断へ。

パーソナルカラー診断を受けた後、引き続き骨格診断へ。
手首や肩、腰やお尻などをサワサワ(いやらしくはないです笑)してもらい、診断してもらいます。
 

診断結果 ストレート

私、ウェーブタイプだと思っていたんです。
ほら、自己診断は当てにならない←
 
学生時代の私のファッションは、THE・女子大生(今は知らんけど)。
ツインニットに膝丈スカート、靴はラウンドトウでヒールは必須。髪は肩下でゆるふわパーマ。
これ、いかにもウェーブタイプのファッションです。
自分で言うのもなんですが、それなりに似合ってた…はず…(^_^;)
 
というわけでウェーブタイプだと思っていた私ですが、ストレートタイプとのことでびっくり。
 
ストレートタイプは
・唯一ショートカットが似合う
・シンプル、定番ものをスッキリ着こなすのが得意
・胸元、膝下を見せると痩せて見える
・ジャケットやVネックなど、カッチリスッキリしたものが得意
・ニットやツイード、首のつまった服は着膨れする
・チュニックやドルマンスリーブ、パフスリーブは太って見える
・柔らかい素材は安っぽく見える
・柄は大きめなものが似合う
・アクセサリーはシルバー、ネックレスはロングタイプで大振りなものが似合う
という特徴があります。
 
これを聞いて、ああ…!と納得。
特に3番目。これ、意識してませんでしたが、徹底してました。
胸元開いてないと、すっごーーい太って見えるんです。私。
脚も膝下出すのが一番痩せて見える。
(決して痩せてはおらず、太いんですが、まだマシになるという…)
骨格どうこうではなく、皆そうなんだ(共通の着やせテク的な)と思っていました。
 
そして、ツイード、ニット、チュニック、ドルマンスリーブ、パフスリーブは太って見える…確かに!!
なんというか、分厚くなるというか、ガタイが良くなるというか、シルエットががっしりぼってりしてしまうんです。
これは、自分が太っているだけで、痩せたら着こなせるもんだと思っていました…(それも多少はあると思う)
 
そしてネックレスはロングネックレス。これも意識せず、選んでいました。だって他だと似合わないんだもの。
 
そんなわけで、なんかものすごい納得しました。
 
学生時代、ウェーブタイプのものをよく選んでいたことをオーナーさんに伝えると、
「若いと、それだけで似合うこともある」
とのこと(笑)
それも妙に納得しました(笑)
 
 

骨格診断後の変化

まず、大きく変えたのが髪形。
肩下ロングから、前下がりショートボブにばっさり切りました!
なかなか勇気はいりましたが、これがなかなか良い!
何より洗うのと乾かすのが楽!(笑)
子供ができてから、その辺が面倒で面倒で。
似合ってて、お手入れも楽チン。パーマをかける必要もない(今まで、かなりの直毛に無理矢理パーマをかけて痛めつけてました)。
いいことづくめです。
 
次に服装。
子供がいることもあって、パンツスタイルとペタンコ靴は必須。
でも仕事もしてるから、キレイめスタイルが良い。
かつ、服を増やしたくないから、会社にも普段使いにも使える服が良い。
 
シンプルライフを目指している私としては、シンプルで定番ものを着こなしやすい、ストレートタイプというのは嬉しい情報!
 
ボトムはベーシックなパンツスタイル
靴はとんがりトウのシャープな靴
トップスはVネック広めに胸元があいたカットソー
アウターは襟付きジャケット丸襟以外のロングカーディガン(お尻が隠れる程度がベスト)
 
と決めて、サクッと選べるようになりました!

f:id:ShimaKo:20160725202821j:image
 
系統はこんな系(後日いただいた骨格診断のレポートの一部を抜粋)。
 
パーソナルカラー診断のメリットと同じく、明らかに似合わない形のアイテムをわざわざ試着する無駄もなくなるし、購入するアイテムの系統が近いため、どのアイテムも合わせやすい!
しかも自分で「うん、似合ってる!」と自信を持って気持ちよく過ごせるのが素晴らしい。
 
骨格診断、受けて良かったです。
私の場合、自分のメリットになるスタイルと、骨格診断の結果が一致していたのも、ラッキーだったのかも。
 
色んな系統を着こなしたい、流行に乗りたい方には不要かもしれませんが、
自分に似合うスタイルを見つけたい方には骨格診断は良いヒントになるかもしれません☆